ページの先頭

一般社団法人

「時代文化みらい機構」

Officialサイト
Officialサイト

詳しくはこちら

  • 二宮金次郎
  • スタッフ紹介

「時代文化みらい機構」挨拶文

この春には平成が終わり新たな元号が始まります。この30年間の平成時代は、結婚、子育て、仕事いずれをとっても怒涛の人生だったように思います。年齢もいつの間にか還暦を過ぎましたが、若い頃に感じた60代はえらく年寄りじみていましたが、いざ自分がなってみるとどうと言う大げさなものでもありません。変わったことといえば人生の逆算を始めたことでしょうか。終活と呼べるかも知れませんが、あと何年生きるであろう予測を立てて、残された時間で何が出来るか、自分は何をやりたいのかを真剣に考える様になりました。

私達にとっての激動の時代が今始まっているかと思います。ただしここであくまでも“今の人類の私達”と付け加えることを忘れてはならないと思います。もし仮に今の私達の文明が滅びたとしても、この先も地球は地球としてあり続けるのですから…。世界の自然環境や社会体制の変化、そしてAIの進化に伴う人類の進歩など、近視眼的な捉え方の上にさらにマクロの視点を持つべき時代でもあります。その視点を忘れて個の利益を追求することは、今の私達の文明を滅ぼしかねません。国益の追求ではなくマクロの視点を持つ世界の指導者の出現が待たれるところではありますが、それにも増して私達個々の意識の変化が、今の人類を変えて行ける時代に入ったとも言えるのかも知れません。

時代の変化に伴い人の意識も変わって行くのは当然ですが、変わるべきものと変わってはいけないものの見極めが難しいとも言えます。情報過多の現代では、自分の意思を失くした流された人生になりがちです。自分では個性的に生きているつもりでふと見回すと、周りに似た人がたくさん居ると言う事になりかねません。破綻のない歯車の一個としての人生も、それはそれで幸せな人生なのかも知れませんが、私は常々自分の意思をちゃんと持った人生でありたいと思っています。

では変わってはいけないものとはなんでしょう。それは日本人が培ってきた武士道精神的なものの中に多くの答えがあるかと思います。その精神の大筋は、個人の我を追求する前に利他を説く事で、次世代への文化の継承と繁栄を導いて来ました。それを言い換えれば、まさに現代に必要とされているマクロの視点を持つと言うことではないでしょうか。そしてそこからは、自分がこの世に生まれて来た意味を探って行ける可能性を感じます。また誰しも幼い頃に体験していたわくわく感は、打算も計算もない純粋に今を楽しむ感覚だけでした。そんな時のわくわく感にこそ、世界を平和に出来る可能性を感じずにはいられません。

ある日突然何が起きてもおかしくない時代でもあります。しかしどんな局面でもそれに動じることのない強い精神力を私達日本人は本質的に持っています。私もそんな誇りを持てる日本人の一人でありたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

代表理事 榎木孝明

- Greeting -

あなたは何の為に生まれ、そして生きていますか?
損か得かから、本物か偽物かの時代へ!
あなたもワクワクして今を生きてみませんか?
意識が変われば現実は変わります!

【私たちは「時代文化みらい機構」の活動を応援します】
☆武士道協会
☆日本映画俳優協会
☆銀幕維新の会
☆日本シナリオ作家協会
☆日本映画テレビ美術監督協会
☆映画議員連盟

- Four Major Projects -

  • 一期一会サムライプロジェクト
    サムライプロジェクト

    詳しくはこちら

    【 一期一会サムライプロジェクト 】

  • 大時代村プロジェクト
    大時代村プロジェクト

    詳しくはこちら

    【 大時代村プロジェクト 】

  • 和の心プロジェクト
    古武術プロジェクト

    詳しくはこちら

    【 古武術プロジェクト 】

- Instagram & FaceBook -

Copyright(C)2018 , Jidai Bunka Mirai Kikou All Rights Reserved.