ページの先頭

ブログ - BLOG -

榎木孝明の今を伝える 2-2

「時代文化みらい機構」 代表理事 榎木孝明

 

こんばんは、榎木です。

 

先日から始まりました「榎木孝明の今を伝える」。

前回は「今、何故時代劇か」の前編をお伝えしました。

 

今回は後編をお伝えします。

 

時代劇の中に息づく武士道精神。

かつて武士道精神とは武士の為だけのものではありませんでした。

あらゆる階級の日本人全体の為の生きる模範でした。

江戸時代末期に来日した外国人の記した物の中に、仁・義・徳・礼・智・孝など、

教育の水準の高さ、そして日本人の人間性の豊かさを称えたものが数多くあります。

 

そしてもう一つ、時代劇の中には死生観の教えがあります。

生と死は常に表裏一体であるということを知っていれば、

今という時間が如何に大切かが実感できます。

時代の流れと共に、生と死は病院での出来事になってしまい、

ゲームの中ではリセットボタンを押すと再び生き返る、そんな時代になってしまいました。

 

親から子への日本人としての生き方の継承が危ぶまれている今、

時代劇を通じて日本人の本来の精神を、次世代へ継承できる可能性があるのではないでしょうか?

 

何か大切な忘れ物をしてしまった日本人。

それが何だったのか、その答えが時代劇を再生する中で見つかるかもしれません。

その為に今、時代劇なのです。

 

 

Copyright(C)2018 , Jidai Bunka Mirai Kikou All Rights Reserved.