ページの先頭

ブログ - BLOG -

榎木孝明の今を伝える 4-2

「時代文化みらい機構」 代表理事 榎木孝明

 

【時代劇再生と地球の再生 その二】

 

偶然は必然に至った経緯を書いてみましょう。

 

私は20代から30代にかけて、アジアの国々への一人旅を繰り返してきました。

インド、ネパール、ミャンマー、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国。

これらの国々へ、いつも行き当たりばったりの旅をしていました。

中でも、インドへは12回行っています。

回を重ねるごとに旅慣れてくると、荷物はどんどん小さくなり、

郷に入っては郷に従えのスタイルとなっていきました。

 

いつも、ひと月ほどの往復チケットで、現地に着いたその日に

泊まる宿を探すことから始まる旅でした。

多くの方は海外旅行へ行く際、宿泊する宿が決まっていないと不安になると思います。

しかし私にとっては、自分の目で見て確認して、気に入ってから

初めて宿を決める事がごく普通の事たっだのです。

 

旅の楽しみが不安を凌駕した瞬間から、本当の旅が始まります。

色々と頭で考える事を止めた時、向こうから楽しい事がやってくる事に気付かされました。

当時、自分に課した標語の1つが「日本の常識は世界の非常識」というものでした。

 

日本人である前に地球人であるとの意識を持つと、世界中行けない処はないと今でも思っています。

余計な心配をしなくなってふと気が付くと、成るべくして成ってゆく旅の過程に一つも偶然はなく、

必然の中で行動出来ている自分に気が付いた時から、美しい旅を繰り返さずにはいられなくなったのでした。

 

 

Copyright(C)2017 , Jidai Bunka Mirai Kikou All Rights Reserved.